伊賀陽祐

太陽光のシャンデリア

長屋めがけて1億4960万 km の彼方から真直ぐに降り注ぐ太陽光。 天窓をすり抜け廊下にたどり着くその一歩手前で、 太陽電池とクリスタルに衝突し色彩を四方八方に弾き飛ばします。 途方も無い直線が約1兆4960億分の1の距離で 不規則な方向に分解分散される様子を感じて下さい。(伊賀)

/ No comments

太陽光のシャンデリア

長屋めがけて1億4960万 km の彼方から真直ぐに降り注ぐ太陽光。 天窓をすり抜け廊下にたどり着くその一歩手前で、 太陽電池とクリスタルに衝突し色彩を四方八方に弾き飛ばします。 途方も無い直線が約1兆4960億分の1の距離で 不規則な方向に分解分散される様子を感じて下さい。(伊賀)

/ No comments

伊賀陽祐(いが ようすけ)

見えないものをキャッチするための道具を作成しています。 いま目の前に見えていないことを、定点に止まった状態で 根拠無く存在しないと片付けるのは簡単です。しかし、 すべての可能性を検証し、世界中を探訪し、本当に存在しない と証明するのはとても大変なことです。旬なテクノロジーを 駆使した捕獲機の作成が自分にできる小さな一歩と信じております。

/ No comments

伊賀陽祐(いが ようすけ)

見えないものをキャッチするための道具を作成しています。 いま目の前に見えていないことを、定点に止まった状態で 根拠無く存在しないと片付けるのは簡単です。しかし、 すべての可能性を検証し、世界中を探訪し、本当に存在しない と証明するのはとても大変なことです。旬なテクノロジーを 駆使した捕獲機の作成が自分にできる小さな一歩と信じております。

/ No comments