傘の家 – La casa con paraguas –

casa_insta_s

電気の力で家はかしこくなって、スマートハウスと呼ばれるようになりました。

スマートハウスがもっとかしこくなって、ロボットになって、意思を持ったとしたら、きっと雨に打たれるのを嫌がるに違いありません。

 

本作品は「未来の家」というテーマから発想したインスタレーション作品です。暗室の壁に雨の映像がプロジェクトションされており、壁の前に裸電球と家の模型が置かれています。家には腕が生えていて、雨が降っている間は傘をさし、雨が止んで太陽に見立てた電球が光ると傘を降ろします。

建築の起源を、雨露をしのぐため立木に横材を渡して屋根をかけたことに求める「プリミティブハット」という説があります。以来、住宅は進化の過程でいろいろな技術(火、水道、電気、ネット、、、)を取り込んできました。では、次に家に足される技術は何か?作者はそれが人工知能、ロボティクスであると仮定しました。

知性と運動能力を身につけた家は、かつてプリミティブハットを作った人類と同じように、雨に濡れるのをいやがって傘をさすのではないか。そんな空想に基づき、家に白くてぷにぷにした腕を取り付けました。

(中田)

DSC00346

One Comment

  1. Pingback: 傘の家 IoT | 電化美術